おうち英語の世界 小学生からの英語必修の流れで大流行の兆し

おうち英語の世界 小学生からの英語必修の流れで大流行の兆し

おうち英語大流行の兆し

最近巷で大流行の兆しを見せつつあるおうち英語
(関東では親子英語というほうが主流らしい、バイリンガル子育てと言ったり)。

いずれも主に母親が自宅で子供に英語を教える取り組みのことですが、
これが今全国的に広がり始めています。

最大の特徴は英語が全くできない親でも
子供に英語を身につけさせることができるということ

2020年に文部科学省の学習指導要領が大幅に改定され、
小学5年生で英語が入ってきます。

教科としてではなくても3年生から英語に触れるような取り組みも導入されるため、
ママ達はその前から我が子に英語を少しでも身につけさせようと
幼児から教材などを使って英語学習の取り組みをし始めているんですね。

 

 

わが家もおうち英語

実は我が家も2年ほど前からおうち英語の取り組みを始めました。

英会話塾などに通うと費用もバカにならないため、
自宅で取り組めるおうち英語をやることに決めたのですが、
その際に参考にさせてもらったのが
おうち英語の世界~親子英語でバイリンガル子育て~」というブログです。

取り組み方法が具体的に説明されていて、
初心者のために体系的にまとめることを意識されているようで
非常に使いやすいというか見やすいです。

そのおかげで4歳の息子は教室に通うことなく自宅だけで
発音もネイティブのようになり、
日常会話もそこそこできるようになってきました。

もちろん4歳の子供の会話レベルですが。

 

英語を英語として理解してる!?

私は全く英会話はできませんが、
息子が文も習ってもいないのに当たりまえに
過去形、未来形、現在完了形、三単現のSなどを
使いこなしているのを間近で見ると、
おうち英語ってほんとにすごいなって驚きます。

日本語で理解してから英語に変換するのではなく、
英語を英語として理解しているのがほんと素晴らしいなと。

このまま行けば外国人とも普通にコミュニケーション
取れるようになれるんじゃないの?って本気で期待してます。

このおうち英語や親子英語、バイリンガル育児の世界では
小学2年生くらいで英検2級に合格する子も当たりまえにいるようです。

なんだかすごい世界ですよね。

そんな子達が、この先新たな日本の未来を作っていくのかと思うと、
まだまだ日本も大丈夫なんじゃないのって思うのは
おうち英語をやってる親御さん達皆同じなんじゃないでしょうか。

 

子供の将来が広がると思うと親としてもこの先がとても楽しみです。

 

 

参考ブログカテゴリの最新記事